雨の中紫陽花を撮影してきました

北九州地方もようやく梅雨らしくなったので、紫陽花を撮影してきました。

f:id:ryota23:20170624210151j:plain

本日は北九州市若松区にある高塔山に行ってきました。

夜景で有名な山ですが、紫陽花も有名なスポットとなっています。

 

今回の撮影は愛用のOLYMPUS O-MD E-M10と、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO。

カメラの方は防滴仕様ではないですが、レンズの方は流石はプロレンズ、防塵防滴なっています。

撮影時はかなりの雨が降っていて、傘を差しながらの撮影でしたが、ちょっとの雨は気にせず撮ることができました。

f:id:ryota23:20170624210109j:plain

f:id:ryota23:20170624210101j:plain

40mm(35mm判換算80mm)でもF2.8なので、背景もボケていい感じです。

f:id:ryota23:20170624205917j:plain

f:id:ryota23:20170624210137j:plain

f:id:ryota23:20170624210139j:plain

そしてこのレンズの一番の特徴が寄れること。

最短撮影距離が20cmで、望遠側ではフードが当たるんじゃないかというレベルまで寄ることができます。

梅雨の時期は雨が降って気が滅入ることが多いですが、紫陽花をみて心が穏やかになるといいですね。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
にほんブログ村